遺伝による頭痛

考える

女性に多い偏頭痛は、ストレスや飲酒が原因となることがあります。飲酒をする方は非常に多く、仕事終わりに飲みにいく方は多いでしょう。しかし、飲み過ぎてしまうと偏頭痛になりやすくなるだけでなく、アルコール中毒にもなってしまう恐れがあります。アルコール中毒になると、普段からお酒を飲んでいないと落ち着かなくなることで、毎日にお酒を飲んでしまいます。そうなると、偏頭痛だけでなく肝臓が壊れてしまい、肝不全となる可能性もあるので十分注意しましょう。適量を飲むだけでなら、体に負担を掛ける心配は無いので、お酒はほどほどにしましょう。また、偏頭痛になるのが嫌ということで、急にお酒を辞めてしまうとストレスが溜まり、今度はストレスにより頭痛が起きる可能性が出てきます。ストレスは、仕事でのプレッシャーや緊張から溜まるだけでなく、自分の好きなことを急に止めてしまうことでも溜まります。そのため、心をリラックスさせるように常に心掛けるようにしましょう。心をリラックスさせるには、自分の趣味や旅行にいくことが最適となるので、偏頭痛に苦しんでいる方は薬を摂取する前に実践してみると良いでしょう。

偏頭痛は、女性ホルモンのバランスが崩れることも原因の一つだと言われています。女性ホルモンにエストロゲンが影響していると言われていて、月経時によく発生します。また、月経時だけでなく出産後にも頭痛が起こるので、子供を産んだばかりの方は気をつけるようにしましょう。さらに、ピルを飲んだときにも偏頭痛は起こるとされていて、理由としてはピルの中にはエストロゲンが含まれているためです。そのため、ピルを服用するときには病院の医師に相談してから処方してもらうようにしましょう。ピルと頭痛に効く薬を同時に摂取してしまうと体に異常をきたす恐れがあるので、注意しましょう。このように、女性ホルモンにより、偏頭痛は起きやすくなってしまいますが、遺伝でもなりやすいと言われています。自分の母親や父親が頭痛持ちの場合には、子供が頭痛持ちになる可能性が50%にものぼると言われています。他にも、空腹や睡眠不足など色々な原因が重なることで偏頭痛は悪化してしまうので、病院で治療を受けている方は薬を処方してもらうだけでなく、医師に原因を聞いてみると良いでしょう。医師は専門の知識を持っているので、何が原因でどのように改善していけば良いのかについての相談に乗ってくれます。そのため、薬だけに頼るのではなく、自分が出来る改善方法も取り入れてみましょう。

TOP