飲みやすい崩壊錠

医師

偏頭痛が起こってしまうとズキズキと頭が痛み、何事も手につかなくなってしまいます。これは、頭の中の血管が神経を刺激していることが主な原因となります。脳の血管が大きくなりすぎてしまうと、頭の中でも重要とされる三叉神経が刺激を受け、神経ペプチドが痛みを発生させてしまいます。神経ペプチドは三叉神経から分泌される物質となっており、脳を炎症させるのです。炎症をすると、ますます血管が広がって三叉神経を刺激し、繰り返して痛みが発生してしまうでしょう。また、三叉神経は聴覚や臭覚に関係する部分にも影響を与え、吐き気や嘔吐などの症状も引き起こしてしまう可能性があります。このように、偏頭痛には三叉神経が関係していますが、それだけでなくセロトニンも関係していると言われています。ストレスを受けることで脳が刺激を受け、大量のセロトニンはが分泌されて血管を収縮させてしまいます。そうなると、収縮した血管が拡張するために動き出すことで痛みが発生してしまうのです。これらが原因となり、偏頭痛は起きてしまうのです。

薬で症状を緩和することが出来る偏頭痛ですが、色々な種類が存在しています。主に病院で処方されるトリプタンやエルゴタミン、薬局で購入することが出来る鎮痛剤など様々でしょう。このような薬は、頭痛を収めてくれるだけでなく、吐き気や嘔吐を防ぐ効果も備わっています。拡張しすぎた脳の血管をもとに戻すことで症状を緩和することが出来るのです。このように、偏頭痛を治してくれる薬は、錠剤だけでなく注射や崩壊錠などがあります。崩壊錠は水が無くても飲める薬となっていて、旅行先などでも飲むことが出来るタイプです。しかし、その分薬の苦さがダイレクトに伝わってくるので、苦味が苦手な方は錠剤タイプを飲むと良いでしょう。また、注射は即効性があることから、痛みが我慢できない方には打ってつけの方法となりますが、アレルギーを持っている方は利用することが出来ないので注意しましょう。このように、偏頭痛の薬には色々なタイプが存在しているので、自分に合ったタイプを選択する事が大切です。しかし、このような薬は正しく摂取をしないと十分に効果を発揮しないので、医師に適切な摂取方法を聞いておきましょう。

TOP